LCCとは何か

LCCのLはLow、CはCost、CはCarrierの頭文字をとった言葉であり、エルシーシーと読みます。
日本語に直すと格安航空会社になります。
日本でLCC定期便の乗り入れがスタートしたのは、平成19年(2007年)の3月であり、歴史はまだ長くはありません。

格安航空会社という意味がLCCにあるとおり、最大の魅力は運賃が低価格であることです。
大手の航空会社と比較して2~5割安く利用することが可能となっています。
実際に利用している人の多くは、この安さに惹かれて乗っています。

ほかにもLCCには複数のメリットがありますが、低価格な運賃を実現するために、犠牲になっている部分もあります。
LCCの利用を検討するにあたっては、格安航空会社の長所だけでなく、短所についてもしっかりと理解したうえで、チケットを購入することが失敗の防止につながります。
なお、LCCの詳しい長所や短所に関しては別のページにまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

そのほか、LCCの航空券が欲しいけれど、格安航空会社をどうやって見つけるのか、航空券をどのようにして購入するのか疑問に感じている人もいることでしょう。
LCCの航空券は基本的に直販であり、各格安航空会社の公式サイトで購入するか、電話をかけて予約をするのが主な購入方法です。
ただ、旅行会社で格安航空会社の航空券を買い求めたり、旅行サイトで購入したりすることが可能なケースもあるにはありますが、一部の航空券に限られています。